So-net無料ブログ作成
検索選択

「高校生のコトバ」大募集

  ◆プールから あがった友の まゆ毛無し

  ◆ファミコンを 人質にとって 叱る母

    この感性がスゴイ! 皆さん、 私と一緒にこのブログを作っていきませんか?

     〇上段は、高校生向けに 私の雑感を記した薄口ツブヤキです。
       (「高校生の作品」とは直接関係ありません。)

     〇下段の太文字が高校生の作品(カッコ内はペンネーム)です。
       詳細は、 このページ最後の募集要項をご覧下さい。

前の30件 | -

784. 自由と平等① [地歴公民科]

db00001f.jpg
            おいしそうなお饅頭

 政治経済の授業の中で、自由と平等について次のような質問をしました。皆さんなら、どう答えますか。

 ある家の母親が隣家から大量の饅頭をもらってきました。そこで5人の子供達を呼んで言いました。「お前達、今日は自由に取っていいよ。ただしケンカをしないようにね。」すると16歳の長男が「ドケ、ドケ!」と言って半分以上を一人占めしてしまいました。争奪戦が終わってみると、3歳の末っ子は一個も取れずに泣いています。

 「やっぱり、こうなったか。みんなお戻し!私が分ける。」母親は怒って全員に饅頭を戻させました。こうして饅頭を平等に一人7個ずつ配り終えた母親は言いました。「自由にすれば平等は無くなるし、平等にすれば自由は無くなる。これが世の中なんだ。」

 この母親に是非反論して下さい。そうしないと自由と平等が両立する民主主義は成立しなくなります。答えは次回のブログで発表します。授業で学んだ生徒の皆さんは、もう一度ここで復習してみましょう。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 被災地と 母に評され マイルーム (アンテナ)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

783. 遺伝子編集 [ニュースより]

image.jpg
              見ているだけでかゆくなってくる蚊

 カルフォルニア大学のアンソニー教授は、蚊によって発症するマラリアの撲滅のため、蚊に「マラリア耐性遺伝子」を組み込みました。さらに同じ蚊に特殊な遺伝子を組み込み、受精卵内で相方側の遺伝子にもこの耐性遺伝子を自動的に組み込めるようにしました。こうして次々と自動的に遺伝子を書き換えていく新種の蚊が誕生したのです。もし野に放てば、二年で世界の蚊はこの種だけになるそうです。

 この遺伝子編集はあらゆる動植物に適用できますが、一回でも使えば元には戻せないので生態系への影響が懸念されます。しかし広島大学の山本卓教授は次のように語っています。「全ての遺伝子が解明されていないので、今『悪い』と言われる遺伝子の改変も将来環境が変われば『良い』に変わる可能性があります。」「きちんとした評価の下で、これを積極的に使っていく事が大事です。」と。

 私は反対です。「きちんとした評価」はいつ誰が行うのでしょうか。遺伝子が解明されていないからこそ、これは使ってはなりません。遺伝子治療の許容範囲すら、まだ審査中なのですから。

〇中村卓教授のあいさつ文
http://jsgedit.jp/greetings


** 高校生のコトバ **************************

名言 : 全然眠くなんかないのに、難しい本を一行読むと眠くなる。  (M.K.)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

781. メッセージ [宗教的感覚]

P1290809(1).jpg
 田束山のツツジと志津川湾
 私は、寝入りばなによくブログのテーマを思いつきます。先日、「神様は、私が願うべきものをすでに叶えて下さっている。私がまだそれに気づいていないだけ。」という言葉が浮かびました。自分でも「その通りだよな」と感じましたが、同時にこれらの言葉は私が生み出したものではなく「神様が私の頭の中にそっと置いて下ったもの」とも感じました。
 
 一昨日、偶然テレビで南三陸町田束山のツツジ満開のニュースを見ました。昨日は授業のない金曜日で、しかも快晴。「これは行かなきゃ」と妻を誘って出かけたところ、標高512mに咲く見事な花園が予想以上の豪華さで大感動でした。帰りにはお土産を買って、南三陸町さんさん商店街の皆さんにもささやかな応援ができました。
 
 最近、忘れ物を取りに部屋に戻ったら大事なメモを発見してホッとした、といった事が多くなり、「一つの出来事には、二つのメッセージが含まれている」という事を強く感じています。これは十代の頃には全く想像もできなかった感覚です。
 
** 高校生のコトバ **************************
 
名言 : 遠足は、その日よりもその前の日の方が楽しい。   (環)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

780. 感動 [雑感・気づき]

sankoharuka(B).jpg
                  東山魁夷氏の作品

 「かつて東山魁夷の絵を見て鳥肌が立ったんですが、今回見たらあまり感動がありませんでした。」と、市川市の東山魁夷記念館に行った若い女性の先生が話してくれました。「自分が思う通りに生きられない時の方が、感動は強いように感じます。今は当時に比べてずっと満たされていますから。」とも。真理を突いてるなあと感じました。人生いわゆるアゲアゲで生きている時には、私達の視線はじっくりと一点を凝視できませんから。

 1969年、私は一人で上野の美術館に「ドラクロア展」を見に行きました。その時、一枚の肖像画の目の中に実にリアルなハイライトを見つけて、とても感動した事を思い出します。その時の私は、毎日息の詰まるような辛い浪人生でした。(どんな理由を付けて出かけたか忘れましたが、今考えればとんでもない親不孝者でした。)

 聖書の一節、「心の貧しい人達は幸いである。天国は彼らのものである。」もどこかここに通じるような気がします。

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 家族旅行 これが最後と 言いながら 結局はしゃぐ 長女の私  (チビにいちゃん)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

779. クローンマウス [ニュースより]

無題.jpg
            凍結保存されていたマウスから生まれたクローンマウス

 2008年、理化学研究所は世界で初めて死んだマウスからクローン技術で同じ遺伝子を持つ生きたマウスを誕生させる事に成功しました。同所は、マイナス20度で16年間冷凍保存した死亡マウスの細胞から核を取り出し、それを生きてるマウスの卵子に移植して、DNA、性別、毛色が完全に元のマウスに一致するクローンマウスを誕生させたのです。この技術を利用すると、シベリアの永久凍土の中に埋まっているマンモスも、再び現代に姿を現す事が可能と新聞は絶賛しています。

 しかし絶滅した生物には絶滅する理由があった訳であり、人間のエゴで彼らを現代に再生させても無益な苦しみを与えるだけではないでしょうか。さらに、人々の中には「私だって」と、自分が死んだ後は火葬にせず冷凍保存して再びクローンで再生させてもらおうと願う人間も絶対に出て来ます。私は、このような自然に反する生命工学の研究は進めるべきではないと考えます。皆さんのご意見も聞かせて下さい。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 恋をすると 好きな人しか 見えなくなる。  (そら)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

778. 中国の常識 [地歴公民科]

image.jpg
                          徽宗皇帝の描いた桃鳩図

 「上海、無錫、蘇州三泊四日の旅、仙台空港発、全食事つきで49,800円」という広告を見ました。安いですね!

 来日した楊さんという中国の男性が新聞に書いています。
「以前、プールから出てシャワーを浴び始めたら、近くにいた人が私のシャワーの水のかからない場所に黙って移動しました。もし中国なら、水のかかった人は私に必ず何か言います。何も言わない事は日本社会では常識かもしれませんが、中国ではイヤミになります。当時の私は中国と日本の常識が混在していたため、それがイライラの原因になっていました。」

 また肖さんという女性も書いてます。
「日本では女の子に『優しい子になってほしい』と望みますが、中国では女の子への願いはみんな違います。『自分の夢を実現するように努力してほしい』という願いが多いでしょう。私自身両親から『優しくなってくれ』と言われた事はありません。」

 中国の人々は、小さい時から自己主張が求められています。歴史も風土も違うので優劣はつけられませんが、中国を旅するならこの二つの文化の違いを理解しておく事は大事です。

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 勉強を しようと思えば 母親に イヤミ言われて やる気が失せる   (H.S.)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

777. 運 [雑感・気づき]

yjimage.jpg
                           ささやかな幸運

 将棋や碁の棋聖は注目されるのに、麻雀の雀士やパチンコのプロはあまり話題になりません。なぜ棋聖だけが高い評価を受けるのか考えてみました。

この三者の共通点。
 ①一匹狼で活動する。
 ②生産活動を行っていない。
 ③勝負の世界に生きている。
相違点。
 ①将棋と麻雀は人間相手なのでメンタルな強さが要求される。
 ②麻雀とパチンコは運が大きく作用するが、将棋は技術とひらめきで勝ち進む。
 ③目的がパチンコは金銭、麻雀は金銭と創造力を使う事にあるが、将棋は勝利それ自体にある。
 ④将棋は奈良時代からの長い歴史があるが、麻雀やパチンコは歴史が浅い。

 こうしてみると、「運と無関係」という点が将棋を他の二つから区別する大きな理由のような気がします。これは多くの人に一流棋士への夢を抱かせますから。

 でも優れた頭脳を得られるのも運と考えると、人生では運の比重が大きいんですよね。せっかくの運を遊びに使ってしまうような生き方はもったいない限りですが、思い通りにならない世の中では運という「言い訳」の存在もまた貴重と感じます。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 大嫌い でもありがとう 両親へ    (はー)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

776. 赤ちゃんポスト [ニュースより]

-②赤ちゃんポスト.jpg

慈恵病院の「赤ちゃんポスト」

 熊本市の慈恵病院の「赤ちゃんポスト」が、今日で10年になりました。望まない妊娠で生まれた子など125人が、ここで命拾いをしました。

 3歳位の男児もいましたが、今は里親に引き取られて幸せに生きているそうです。しかしもし実の母親が引き取りに来たら、渡さざるをえなくなるかもしれません。(ここは裁判所の判断です。) 戻した結果、親子心中されたケースもあります。今のままでは子供も里親も不安です。

 このポストには賛否両論ありますが、私は賛成です。「子供の幸せ」は「親の都合」とは切り離して考えるべきだと思うからです。子供は愛情たっぷりに育ててもらえる権利があります。一旦我が子を捨てた親に子供を戻してはなりません。一方、女性をそこまで追い込む社会にも改善の余地があります。

 昔、石巻市の菊田医師は、中絶を望む若い女性に子供を産ませ、その子を子供ができない夫婦に実子として斡旋しました。やがて医師会から医師法違反で告発され、彼は優生保護医取り消し等の行政処分を受けました。私はこの勇気ある菊田医師を尊敬しています。

〇NHKの「赤ちゃんポスト」の番組のサイト(2年前のものです。)
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3636/1.html

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 先輩に絵文字を使われてメールされると、返信に困る。 (さぼり男)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

775. 豪華な旅行 [ニュースより]

asuka_3.jpg
             郵船クルーズ所有の日本最大の客船「飛鳥Ⅱ」

 日本一大きな客船「飛鳥Ⅱ」の紹介番組を見ました。Sロイヤルスイートルームは88㎡(53畳間分)の広さがあり、一日6回の食事、ジャグジー風呂など、贅の限りが尽くされています。102日間の世界一周の旅の値段は2625万円です。一方列車では、先日JR東日本の豪華寝台車「四季島」がお披露目されました。四季島スイートは3日間で一人90万円。こちらも秋田杉の車内で特製檜風呂もついています。

 今の日本、小学生の6人に1人は貧困家庭と言われています。そんな日本でこの豪華なサービスを受けられるのは、少数の勝ち組の実業家と豊かな高齢者だけです。「これこそ社会の二極化の象徴のとんでもない風潮だ」と思いましたが、ふと考えが変わりました。

 財をなした人の誰もが、日本電産の永守会長のようにポンポン寄付できるものではありません。 それなら、楽しみながらどんどん社会にお金を出してもらうのもいいではありませんか。自分で貯めたお金だし。現代の問題は、お金の分配の仕組みにあります。やる気のある求職者に働く場と昇給の機会をどんどん与えるような政府の施策が何より必要です。

※永守会長は、「税金はどう使われるか分からんが、寄付なら使い道がはっきりする。全部使ってあの世に行くということや。教育が一番良い」と述べて、様々な教育機関に億単位の寄付をし続けています。

〇「飛鳥Ⅱ」のSロイヤルスイートルーム。
http://www.asukacruise.co.jp/cabin/1/

〇「四季島」の四季島スイート
http://www.jreast.co.jp/shiki-shima/train.html

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 時代に乗ろうと 文末に意味の分からない絵文字を使う母。  (ニャン)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

774. 暗記のコツ [地歴公民科]

yjimage.jpg
               16戦無敗の藤井聡太四段

 将棋の藤井聡太君、16連勝と勢いが止まりません。テレビのアナウンサーが「第56局目を再現して下さいと言えば、すぐに再現できるそうです。」と驚いていました。これは本当にすごい事ですが、ただ碁や将棋は直前の相手の手に対して打っていくので、素人の私達でも意外と覚えているものです。

 教科の学習も同じで、重要語句はそれぞれを一連の流れにして関連づけていくと覚えやすくなります。「倫理」で言えば…、

 各地と交易する都市国家アテネだから「真理は相対的」と主張するソフィスト達が登場しました。しかし絶対的真理を認めない彼らの思想が国家を崩壊させると考えたソクラテスは、「絶対的真理はある」と主張しました。彼はソフィストに訴えられ、500人の裁判官による多数決で死刑に処されました。民主的な手続きで尊敬する師匠を殺された弟子プラトンは、理想的な政治は秀才一人が政治を行う「哲人政治」だと説きました。しかしその弟子アリストテレスはその危険性を指摘し、再び現実的な「民主政治」を唱えました。

 どうですか?ギリシアの三大哲学者の特徴も、1つの流れで覚えられたのではないでしょうか。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 合宿の すてきなみやげ ノミとダニ    (いさじ)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

773. 記憶 [雑感・気づき]

13.jpg
                      認知症の症状。

 母は91歳、軽い認知症に入っています。本人に病識はありません。先日、かかりつけの医師が私に、「認知症の老人は自分で薬を管理できないので、…」などと話しているのを聞いて、帰りの車の中ですっかり落ち込んでいました。しかし翌日には、病院に行った事も忘れてニコニコしています。

 「今日は一日中部屋の片づけで大変だった。」と言う部屋は、朝より散らかっています。衣類などを出してもどこから出したかを忘れ、「とりあえず」の置き場が増えるのです。物忘れが連日続けば自己嫌悪に陥りそうなものですが、それすらすぐに忘れるので毎日元気です。炊事や洗濯は妻がこまめにやってくれるので心配ありません。

 こんな母ですが、会話は極めて正常です。この事から、私は記憶力が他の能力に先んじて衰えるのは、悲しむべき事ではないと気づきました。それは衰える心身への不安の消えた安心した老後へとつながっているのです。人間の心と体は本当にうまくできているものですね。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 「K.Y.」というイニシャルの人はかわいそう。  (DAKADE)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

772. 本音 [地歴公民科]

C-QgUVpUAAAoeRx.jpg
           辞任の記者会見をする今村元復興大臣

 「東北だから良かった」と本音をもらした今村氏は、日本中の怒りを買って更迭されました。すると彼の親分の二階氏は「政治家の話に一行でも悪い所があったら『すぐ首を取れ』というような記者は、初めから排除せよ。」と、的外れな怒りをぶつけています。また同派の重鎮伊吹氏は、「発言には細心の注意を」と政治家の発言に自制を呼びかけています。政治家に、本音は禁物なのでしょうか。

 いえいえ、とんでもない。昔の市川房枝氏や三木武夫氏は、とことん本音で議論をしていました。現代の親分達の「本音禁止」の忠告には、「皆さんは善い人じゃないんだから」という彼らの気持ちが見え隠れしています。困ったもんですね。

 とは言え、よくよく考えれば、善い人ばかりの政党や議会などはありえません。不完全な人々でも、議論を尽くせば良い政治ができる、というのが民主主義です。日本ではすでに1400年前、「人みな凡夫」と説いた聖徳太子が十七条の憲法の十七条目で「役人は人々としっかり議論すべし。」と説いています。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 言葉遣い 別にいいじゃん 悪くても   (ナッポー)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

771. スカイボード=エア [ニュースより]

main69.jpg
                              空を飛ぶ「スカイボード=エア」

 まるでドラえもんのタケコプターのような「スカイボード=エア」という乗り物がテレビで紹介されました。ジェットエンジンを足元に積んだ一人乗りのスノボのようなもので、最高時速は150kmだそうです。これを誰もが操れる社会を、考えてみました。

 人間も車も荷物も、スカイボード=エアやドローンでプンプン空中を移動できるようになると、高層マンションの住民の玄関は屋内と屋外に二つ必要になる事でしょう。道路交通法に加えて空中交通法も制定され、管制業務はAIが取り仕切ります。タクシーやバスも…と考えてきたら、大きな問題点を見つけました。

 位置エネルギーです。高所にある玄関の出入りやタクシー・バスの空中移動など、空中移動社会で暮らすには、位置が高い分膨大なエネルギーが必要です。緊急搬送の必要な病人は別として、省資源をめざす私達にこれは不要です。位置エネルギー0の地上を自転車などで効率的に移動する方がずっといいですね。

〇スカイボード=エアの記事
http://gigazine.net/news/20160412-flyboard-air/

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 覚えたばかりの言葉を会話の中に取り入れようとするのは、大人も子どもも同じ。 (桂月蓮)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

770. 仕事について [雑感・気づき]

04_p.gif
                       高い日本の高齢者労働力率

 ヤフーの意識調査で、「70歳まで働きたいと思う?」というのがありました。回答の選択肢は三つ。
 ①経済的に余裕があっても働きたい
 ②経済的に余裕があれば働きたくない
 ③わからない。/どちらとも言えない。

 私は今の仕事が楽しいので①に投票しました。ところが集計結果は、①30.4% ②65.2% ③4.4%で、「働きたくない」が「働きたい」を二倍以上上回っていたのです。(2017.04.27.現在) 半数以上の勤労者は、労働を辛いものと捉えているんですね。私は自分が数少ない幸運な部類に入っている事に気づきました。

 私は、仕事に三種類あると考えています。
 A:給料のためにする仕事。
 B:人々に喜んでもらえる仕事。
 C:自分へのミッションと意識できる仕事。
 生意気言わせてもらえば、BとCはほぼ重なります。そしてたとえAから入ったとしても、創意工夫でBまで進めたら、間もなくそれがCにもなっている事に気づきます。そうなると有難くて楽しくて、とてもやめる気になれません。今回は、幸運な男からの一つの意見として聞きおいて下さい。

〇ヤフー意識調査「70歳まで働きたいと思う?」
https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/28682/result

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 食べている パンを誰かに 見つけられ くれと言われて イヤと言えない (地球☆の子)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

769. びっくり [ニュースより]

kodomonohi-5-5.jpg
               カレンダーでは「こどもの日」

 今日はびっくりする事が二つありました。
〇一つ目は、「子ども」の書き方についてです。
 私は「子供」という字を書く時、「『供』という字が差別用語だからひらがなで書くように」と言われて、ずっと「子ども」と書いてきました。教科書も「子ども」ですし、「こどもの日」は全部ひらがなです。ところが2013年に、文科省は「こども」表記を漢字の「子供」に統一していたのです。びっくりしました。常識といってもチェックが必要と反省しました。

〇二つ目は、23日に行われた新潟県阿賀町の町議選の開票結果についてです。
 ここでは定員12名に対して15名の立候補がありました。開票結果が発表されると、落選した60歳の候補者の得票数が0だった事がわかりました。本人は「漢字で一票入れた」そうですが、総務省選挙部管理課は「判読できなかった事が考えられる」と言っています。奥さんも子供も親兄弟も入れてくれなかったんですね。今後彼が家族や親戚と今まで通り付き合えるのか、心配してしまいます。



** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 授業中 教師の口癖 数えてる   (X)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

768. ファミリーロマンス [ニュースより]

無題.png
           一万円で、私に代って謝罪をしてくれるそうです。

 ファミリーロマンスという新しい人材派遣業者が話題になっています。この会社が派遣する人材は依頼者の希望に沿った役者で、一人一回「八千円から」です。

〇リア充アピール代行
 恋人のいない依頼者がfacebookやインスタで恋人と充実した時を過ごす写真をアップしたい時、恋人役を派遣します。友人・父・母・兄弟・夫・妻・子供などの代行も可能です。
〇結婚式(二次会・葬儀・講習会・パーティー・ライブ等)への代理参加
 参加者・申込者が少ない時のサクラとして。
〇部屋掃除代行、墓参り代行、グチ聞き代行、謝罪代行、アリバイ証拠人等
 使えるものから、首をひねるもの、大いに問題ありのものまで多数あります。

 増えつつある「お一人様」をターゲットにした商売ですが、世の中のウソと真実の見極めがいよいよ難しくなってきました。一方この役者の方も「お一人様」でないと勤まらないでしょうね。写真は拡散されていきますから。そしてやがて彼は人としての信頼を失っていく事でしょう。そう考えると、子供の代行というのは大問題です。

〇ファミリーロマンスのサイト
http://family-romance.com/service/realappeal.html

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : プリクラで そっと下がって はい小顔  (ニャン)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

767. 新聞奨学生 [思い出話]


E382ADE383A3E38397E38381E383A3E38080E38389E383ADE383BCE383B3-2.jpg
              いずれ新聞配達もドローンに代わられる事でしょうね。

 45年ぶりに会った友人は、白髪がだいぶ混ざってはいましたが口調は昔のままでした。

 学生時代、私は運転手のアルバイトをしていました。朝5時にトラックで代々木の啓徳社という会社に行き、そこから新聞や週刊誌の束を積んで渋谷・三軒茶屋・豪徳寺といった私鉄の売店にそれらを置いていきます。数人の助手を荷台と助手席に分乗させて出発しますが、彼はその中の一人でした。車中では色々な話をしました。会社内の彼らの寮にこっそり入り込んで、一晩飲みながら話した事もありました。私が彼らを尊敬するのは、彼らが奨学金だけで大学に通学していたからです。彼も親の仕送り無しで明治大学を卒業し資生堂に入社しました。

 残念ながら、今この会社は奨学生を募集していません。しかしまだ各新聞社には新聞奨学生というシステムが残っています。皆さんが親に迷惑かけずに東京の上級学校で学びたければ、楽ではありませんがこれは一考の価値はあると思います。午後の講義の事を考えると、給料は安くても「朝刊のみ」の配達をお薦めします。


読売育英奨学会について
http://www.yc1.jp/yomisho/index/


** 高校生のコトバ *************************


川柳 : それでいい ケンカを買わぬ 勇気買う  (蹴球29)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

766. みんな同じ [学校生活から]

 


DSCN2197-2.jpg

                校庭の桜


 風速30mの強風のせいで、紅白歌合戦最終シーンのような桜吹雪の一日となりました。桜は連絡し合っているかのように同じ日に開花します。これが遺伝子DNAのなせる技なのでしょう。DNAレベルかどうかは分かりませんが、私達人間にもみんな同じようにやってる行動があるとは思いませんか。


 たとえば、皿に箸を乗せて運ぶと必ず何本か落とす。辞書を引く時、必要なページだけがめくれない。鍵束を持って解錠しようとすると合わない鍵を先に入れてしまう。褒められた後でもう一回やると必ず失敗する。キャラメルは噛まずにいられない。習字をすると必ずどこかに墨をつけてしまう…。これ、私だけじゃないですよね?


 変なものばかり上げましたが、私達の感情生活でもきっとみんな同じ所で喜びや悲しみを感じているに違いありません。人間同士の温かいつながりを広げるためにも、こちらの方の感覚は大切にしたいものですね。


** 高校生のコトバ **************************


川柳 : 兄貴から 学んだ事は 何もなし  (キクマサZ)


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

765. 水平跳び [思い出話]

s-mea3.jpg

                                                  水平飛び

 私は小学校5年生の頃、跳び箱や鉄棒などの器械体操が大好きでした。ある時、私は跳び箱の「水平跳び」に挑戦してみました。しかし何回やっても腰が「くの字」に曲がり、水平に跳ぶ事ができません。すると一人の6年生がやって来て、アドバイスしてくれました。「手を、進行方向に向かって突っ張るようについてごらん。」

 それまでの私は、当然のように両手を跳び箱上部の前方から引っ張るようについていたのですが、初めて逆向きに突っ張ってみました。すると、足首、腰、頭が一直線に浮いて水平に跳び箱を越せたのです。これにはびっくりでした。以後の人生、私は「一人で悩んで解決できない時は積極的にアドバイスを求める」という考え方になりました。

 ピアノのフォルテッシモをより大きな音に聴かせるコツって、ご存知でしたか?音楽の先生からお聞きしたのですが、鍵盤をたたく時、気持ち遅らせてバーンとやるといいそうです。何事にも素人には知りえないコツがあるものだと感じています。

** 高校生のコトバ *************************

川柳 : 授業中 うなずくふりして うたた寝だ  (BUMPLOVE)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

764. 思いやり [学校生活から]

touch.jpg

         思いやりは大切。でも相手をどれだけ知っているかの吟味も大事。


 生徒の言葉の中にキラリと光るものを見る事があります。

 先日、授業で「同性カップルに里親認定(No.760)」という大きな流れをどう見るかを話し合っていた時、Aさんが発言しました。
 「たとえ親は良くても、子供の身になれば学校で差別されたりするのでかわいそうです。」するとBさんが言いました。「『差別されてかわいそう』という気持ちがすでに差別から来ているので、そう思う事自体良くないと思います。」と。

 Bさんの意見はとても良いポイントを突いていると感じました。Aさんの思いやりそれ自体は尊く、否定すべきものではありません。しかし、もしそれが間違った認識に基づくものであれば、相手を不快にさせかねないので指摘してあげる必要があります。例えば「女性に生まれてかわいそうだ」と言う男性がいたら、その人は女性差別に陥っている可能性があります。同様に、もしAさんが「その子は将来いじめられるはずだ」という認識であれば、それは改められねばなりません。これからは色々な親がいる時代となるのですから。

 価値観が多様化しています。発言の前には十分人権について考慮しましょう。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 授業中に友達と目が合うと、必ず変顔をしてしまう自分がいる。  (Y.K.)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

763. 朝鮮学校 [思い出話]

CCI_000048-4(1).jpg

              朝鮮学校のカリキュラム。「国語」とは「朝鮮語」のことです。
 今、補助金の打ち切りや削減など、朝鮮学校への財政的な締め付けが厳しさを増しています。

 1995年1月、私達教員30名は、八木山動物公園の裏にある朝鮮学校を見学させてもらいました。コンクリート製の建物は、ガラス窓の所々がベニヤ板で補修されていました。各教室の正面には金日成・正日親子の写真が掲げられていましたが、その下に米国IBMのコンピュータが40台置かれた部屋もあり、びっくりしました。

 出会った女生徒達に「こんにちは」と声をかけたら、「アンニョンハシムニカ!」と返って来ました。さすがです。ところが、その後の先生方との懇談会で、「今一番困っている事は何ですか?」との我々の質問に、「生徒達が朝鮮語を話せない事なのです。」という答えが返ってきました。「エッ?」と驚いたのですが、考えてみれば生まれた時からずっと日本のラジオやテレビで育っているのですから、「そうもなるよなぁ」と感じました。

 サッカーや吹奏楽の練習に励んでいた彼らは、私達の学校の生徒達と何一つ変わらない純真な生徒達でした。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 寝坊した 時に限って バス早い (みこりん)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

762. 小さな人々 [地歴公民科]

273167_photo4(1).jpg

            スベトラーナ=アレクシエービッチさん
 テレビで、ノーベル文学賞を受賞したベラルーシのスベトラーナ=アレクシエービッチさんの話を聞きました。彼女は政府や指導部の語る「大きな物語」の中ではなく、チェルノブイリ原発事故の被災者といった「小さな人々」の言葉の中に真実はあるとして、そのような人々の言葉を集めた「証言記録文学」という分野を確立しました。

 「第二次世界大戦当時、5歳で孤児院に入っていた女の子の話です。孤児院の子供達はいつも強いお父さんが迎えに来ると信じていました。ある時、窓から黒い服の男達がやって来るのが見えて、子供達は『パパだ!パパが来た!』と叫びました。しかし彼らはナチスの親衛隊で、その後子供達は殺されました。輸血の生体実験用に血を抜かれて。」
 「殺しに来た者をパパと叫ぶ子供達、こんな話は表に出ません。書記長や英雄の話ばかりが残っていきます。」

 彼女は福島にもやって来て、自由な日本の被災者も専制的なソ連時代のチェルノブイリ被災者同様に沈黙の中に生きている事に驚きます。
 「今、沈黙の中で『意識の軍国主義化』」という新しい愛国主義が進んでいます。大きな物語側についた方が得といった国民の堕落が始まっており、それがプーチンやトランプを持ち上げています。大切なのは誠実に『人間であり続ける事』なのです。」

 色々考えさせられました。

スベトラーナ=アレクシエービッチさんについて (Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 目標は いつでも高く 高すぎて 結局いつも 目標のまま (Y.S.)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

761. コンビニの店員不足 [ニュースより]

00001.jpg

                           コンビニの店内。店員は、奥のジュース棚の裏からも店内を監視しているそうです。

 コンビニにATMが入ってから、コンビニ経営が大変難しくなってきています。レジの仕事内容が複雑で大量になり、アルバイト店員が集まらないためです。

 仕事はレジ打ち、品出し、電気・ガス・税金等の支払い、宅配便の取り扱い、チケット発券、揚げ物・おでん等店頭製造食品の準備、ATM・コピー機・FAXのサービス対応、新商品の説明、店・トイレの掃除、外ゴミ箱の整理、客や外部からのクレーム対応、万引き対策等々ですが、FマートW店ではこれらをこなしても時給748円、宮城県の最低賃金の金額そのままです。

 24時間営業店ではアルバイト店員が20人必要なのですが、足りない店では店長が一家総出で対応します。中には廃業する店も出てきています。

 提案です。法律で24時間営業を16時間営業に縮小させ、無駄と無理を解消させませんか。当初のセブンイレブン(7 a.m.~11 p.m )を標準とすれば、エネルギーの三分の一は節約でき、原子力発電0への大きな一歩になるはずです。

参考までに
http://biz-journal.jp/2016/08/post_16288.html

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 後輩に質問されて答えると、間違えている事が多い。 (A.K.G.H.)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

760. 不易と流行 [ニュースより]

20120223084057f82.jpg

              不易流行を説いた松尾芭蕉

 昨年十二月、大阪市は男性同士のカップルに初めて「養育里親認定」を行いました。私はこのニュースを目にした時、同性婚の二人に養子というのは大人側のエゴだと感じましたが、今その考え方が変わってきています。里親に出会えない子は、施設内でいわば「腹八分目の愛情」で生活しなければなりません。研修や厳重な審査を経た里親が愛情たっぷり育ててくれるのであれば、それも一つの運命と感じます。

 「これまでの『正常』な男女の愛が崩壊する」という心配には、「どんな『正常』なら生き残れると思いますか?」と逆にお聞きしたくなります。各種アレルギー、進歩の著しいAI(人工知能)、持続する高い放射線、新型ウィルスの発生など、人間の内外の環境が大きく変化し、今までの「正常」が通用しなくなってきています。様々な異種が出現して、その中の適応できる種が新たな人類として生き残る、これが自然淘汰です。

 私達は過去の基準にではなく、自分の立てた基準に従って生きるしかありません。採点は未来の子孫がしてくれます。皆さんは様々な情報を検討して「不易と流行」を見極め、しっかりとした自分の基準を打ち立てていって下さい。
 ※ 不易と流行:「不易」はいつまでも変わらない事。「流行」は時代に応じて変化する事。

「同性カップルに養育里親認定」のニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170406/k10010938651000.html

** 高校生のコトバ *************************

名言 :  家での睡眠より、授業中の居眠りの方が深く眠れる。  (P.P.)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

759. 4D映画 [雑感・気づき]

IMGP1643(1).jpg

                                何を想うか、じっと動かないリス。

 4D映画ってご存知でしたか。風が来る、匂いがする、座席が動く、水しぶきがかかるという環境下で3D眼鏡をかけて画面を見ると、まるで本当にその場にいるような気になるそうです。料金は千円高ですが、こんなに簡単に疑似体験ができるなら、わざわざお金と体力を使って海外旅行など行かなくなるのではと気になります。

 かつてグランドキャニオンに行った時、展望台の近くで何匹かのリスが走り回っていました。その中の一匹が岩の上でじっと遠くを見つめ、考え事をしていました。ま横で見ていたら、そのリスがソクラテスのように尊く感じました。

 もし疑似体験でグランドキャニオンに来ても、深さ1600mの大峡谷や雄大なコロラド川はたっぷり眺められるかもしれませんが、たぶん足元のこんな小さな一コマは味わえない気がします。疑似体験の限界は、自分の体験が制作者の視点を越えられない所にあります。旅の面白さは人それぞれ、自分の五感を目一杯使って非日常的な風物を楽しみましょう。

4D映画の宣伝
http://www.aeoncinema.com/4dx/index.html

** 高校生のコトバ **************************

どどいつ : 人の命は 心と体 たまに二人は けんかする  (五月)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

758. おもてなし [雑感・気づき]

image.jpg

                                                  着付けの手伝いに苦労するマリーさん

 2015年のテロ事件のせいで、今パリのホテルは観光客が減り続けています。そこでパリの四つ星ホテルの接客係チーフのマリーさんは、日本の京都の芸妓置き屋に入って日本流「おもてなし」の極意を学ぶ事になりました。この様子を伝えたのが、3月18日放映のNHKの番組「パリのマダムが舞妓修行」でした。

 この修行の中で彼女を苦しめたのが、置き屋の鉄則「色を消し 色を生む」でした。色とは自我や自分の固定観念の事です。お花、着付け、お料理…、全てきまり通りにしか動けない事に彼女は困惑します。女将の武田伊久子さんはそんな彼女に「一度真っ白になった上で、お客様の求める「色」や自分の個性を生かした「色」を生むのが、おもてなしなのです」と説きます。マリーさん、女将に出された料理を食べて何とか理解しました。

 バスケットやバレーなどのスポーツも同じと感じます。選手達は自我を押さえ、ただルールにだけ従って動いている内に、勝つための新たな個性が生まれて来ます。そしてこれは、仏教の「無我」にも通じそうです。

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 :  眠いのを こらえる時の 頭では なぜか早口 色々飛び交う (トムじいさん)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

757. 「漢字テストのふしぎ」 [学校生活から]

94a987db.png

           文化庁が発表した常用漢字の字体・字形に関する指針

 一人の卒業生が、「漢字テストのふしぎ」という長野県の高校生制作のビデオ作品を紹介してくれました。内容は、小中高二百人の国語の先生に微妙に怪しい漢字が並ぶ答案用紙を採点してもらい、各先生の許容範囲を聞くというものです。採点結果は百点から0点まで大きな開きが出ました。

 小中の先生は「高校入試があるから厳しくする」と言い、入試問題を作成する県教委は「その字と読み取れるものは許容できる」と言い、文部科学省は「常用漢字表の字体の許容範囲の幅はとても広い」と言っています。結局困っているのが高校の先生で、インタビューに四苦八苦していました。入試の採点基準があやふやでは困ります。私は、「本校は常用漢字表にある字体以外は認めない」と公言する高校があってもいいと思います。それがその高校の特色となれば、受験生も対策を立てやすくなりますから。

 それにしても、文科省、県教委の中にまでカメラを持ち込み、文部官僚や指導主事をあわてさせた生徒達はすごい!さらに、勇気を持ってそれを支援した顧問の先生もすばらしいと思いました。

「漢字テストのふしぎ」(東京ビデオフェス 大賞受賞)
https://www.youtube.com/watch?v=FvdIbH0qtu4

** 高校生のコトバ ******************

川柳 : 告白も 電波に頼る なさけなさ  (飯)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

756. お伊勢参り その2 [雑感・気づき]

P1290523(1).jpg

          内宮の境内。森の中は草刈りをしたかのように雑草がありません。

 伊勢神宮のガイドの長尾さんは銀行を退職された方で、重そうな自作の資料を携えながらも、4時間少々足取り軽く内宮・外宮を案内して下さいました。よどみなく年号や数字が出て来るので、その資料を写真に撮らせてもらってメモ代わりにしました。

 〇神宮内で神官は四つ足の動物の肉を食べない。〇儀式、作法、清掃、玉砂利の敷き方など、千三百年間同じやり方を踏襲している。〇神宮内の森の木や下草などには誰も手をつけない。〇樹木への礼儀として、鳥居の柱の木は山で育っていた時と同じ方角で設置している。〇社殿と敷地内の木造品は二十年ごとに変えるが、古い木材は全て全国の神社でリサイクルされている、等々。

 長尾さんに、神道に倫理的な教説がない理由を尋ねると、「日本の神様はおおらかなのです。」との回答でした。今回は「理屈抜き」の宗教の心地良さを体感させてもらいました。お別れの時に彼が81歳と聞き、びっくりすると同時にたっぷり「生きるパワー」を頂戴しました。素晴らしいガイドさんに出会えた事が、今回のお伊勢参り最大の収穫です。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 部屋の片づけを始めても、結局昔のアルバム見ている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

755. お伊勢参り [雑感・気づき]

L_111(1).jpg

                        安藤広重 「伊勢参宮 宮川の渡し」

 お伊勢参りに伊勢市に来ています。今キリスト教の学校で毎日「アーメン」とお祈りをし、週に一回曹洞宗のお寺で坐禅を組み、年に一回真言宗の高幡不動尊にお参りさせていただいている私にとって、日本人の神様である伊勢神宮はどうしても来ずにはいられない場所でした。明日、外宮と内宮を参拝させてもらいます。

 にわか勉強ですが、神道には「常若(とこわか)」という精神があるそうです。「常若」とは、年齢をさすのではなく瑞々しさを表すもので、神様の身の回りのものを全て新しくする事で、神様には清々しさの中で若々しいパワーを最大限に発揮して頂こうという願いを込めたものです。だから伊勢神宮では「式年遷宮」と言って、宮大工の方々が丹精込めて作った社殿も20年たったら壊して建て直しをしてきています。

 もちろん仏教もキリスト教も儀式等はきれいな環境で行いますが、まず求められるものは信仰です。しかし神道はきれいな環境の中でこそきれいな心が育つと形式を重んじます。明日新しい知識が手に入ったら、また次回お知らせします。

** 高校生のコトバ *************************

名言 : 親の機嫌によって決まる 私の予定。 (P.G.)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

754. どん底 [学校生活から]

sunrise351.jpg

                朝のこない夜はない

 勤務校で、四月からの教員の持ち時間、役割分担、担当クラスなどの新しい人事が発表になりました。例年本校では大きなどんでん返しはありませんが、それでもあちこちで小さなサプライズは起こります。喜んでいる人の陰には落胆している人もいるので、この時期の発言には気配りが必要です。

 落ち込んでいる時は、あらゆるツキから自分が見放されたように感じます。仕事上の努力が評価されないばかりか、医師から精密検査を指示され、子供は不登校に陥り、父親も転倒して骨折するといった具合に。人生は、バレーボールの試合のように、良い事が続いた後には悪い事も何回か続くものです。規則的に交代したりどちらか一方だけが続く事はありません。「三歩前進、二歩後退」が事実です。

 今思えば、私にとって「どん底」はギフトでした。挫折が無ければ、絶対に今の自分は存在していないと思うからです。年月を経ると、良い事よりも悪い事の方がありがたく思えるのも皮肉なものですね。

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 父親と 二人で夕食 照れるけど こういう生活 けっこういい (カバディ)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の30件 | -

募集要項

 (1)応募資格:作品の提出は高校生のみ。

 (2)応募先 :sankenbunritsu@gmail.com サボテン宛て

 (3)投稿内容:○学校や家庭に見られる「真実」を掘り起こしたもの。
       ○未発表のオリジナル作品に限ります。

 (4)投稿形式: ①川柳   (基本文字数が「5・7・5」 )
        ②狂歌   ( 同 「5・7・5・7・7」 )
        ③どどいつ ( 同 「7・7・7・5」  )
        ④名言   ( 形式なし ) 

 (5)記入事項: ①作品(複数可) 
         ②ペンネーム

 (6)その他  :一般の皆様からのご批判、ご意見等を
          お聞かせ下さい。
          送信先 sankenbunritsu@gmail.com サボテン