So-net無料ブログ作成
検索選択

「高校生のコトバ」大募集

  ◆プールから あがった友の まゆ毛無し

  ◆ファミコンを 人質にとって 叱る母

    この感性がスゴイ! 皆さん、 私と一緒にこのブログを作っていきませんか?

     〇上段は、高校生向けに 私の雑感を記した薄口ツブヤキです。
       (「高校生の作品」とは直接関係ありません。)

     〇下段の太文字が高校生の作品(カッコ内はペンネーム)です。
       詳細は、 このページ最後の募集要項をご覧下さい。

前の30件 | -

753. 旅の楽しみ [宗教的感覚]

l_hobby0001-n2.jpg

                            真宗大谷派僧侶 川村妙慶氏

 以前、曹洞宗の「禅をきく会」という集会で面白いたとえを聴きました。旅には三つの楽しみがあるというのです。一つ目は、旅に出る前に「あーしよう、こーしよう」と色々プランを練る楽しみ。二つ目は、実際に旅に出てきれいな景色やおいしいものに出会う楽しみ。そして三つ目は、家に帰って靴下など脱ぎながら「やっぱり家が一番だ」と言う楽しみ。

 また、浄土真宗の川村妙慶氏は次のように書いています。「私達が旅行に出かけ、珍しい風景を眺め、ごちそうをいただき、お土産を買い求めて過ごすのが楽しいのは、帰る所があるからです。帰る場所があるからこそ、安心して旅行ができるのです。あなたが人生の旅を終えた時に、安心して還っていける世界、故郷はどこですか。」著書「泥の中から咲く」

 両者違いはあるものの、魂が帰れる場所の確信が「安心のもと」なんですね。帰れるだけでなく、帰った時みんなに温かく迎え入れてもらえるような、そんな人生を心がけていきたいと思います。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 甲子園 プレイよりも プレイヤー (N子)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

752. サラリサラリ [宗教的感覚]

a0036693_23222452.jpg

              坂村村民氏の詩「念ずれば花開く」

すべてさらりさらりといこう
水が流れてゆくように
木の葉がおちてゆくように
こだわりもなく 一切をまかせて
サラリサラリと 生きてゆこう
        (坂村真民)

 これは私の好きな詩人坂村真民さんの詩です。過去にこだわらず、未来を恐れる事もなく、ゆったりと大きな流れに身を任せる、これこそ私の理想の仏教的な生き方です。

 昔、倫理で仏教をやった後の試験の回答の中に、「これまでの私は、あまりにも良い点を取る事にこだわり過ぎていました。」というものがあり、私はあわてました。私自身にも言える事ですが、知識と理解は違います。高校生の皆さんは知識をもって理解したとするのではなく、色々な事に挑戦して失敗経験を積んでいって下さい。そうすれば、やがて身体で理解できるようになります。その時まで、仏教的な概念は頭の片隅に置いといて下さい。ウィスキーも熟成するには長い年月がかかります。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 階段を登る時二三段飛び越すのは簡単だけど、降りる時程難しい事はない。  (金狐)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

751. 理想の実現 [思い出話]

P1220171(1).jpg

                 団地の入り口のケヤキ並木

 昔、突然2月に借家を斡旋してくれた不動産屋さんから「大家の息子が戻って来るので、6月までに家を明け渡して欲しい」と言われました。我が家の次女が4月から小学校に入学する事になっていたので、私達は「転居するなら3月中に」と、近隣のあらゆる物件情報を探し回りました。その時、私は理想の家の条件を紙に書き出してみました。

1.閑静な住宅地で交通便利、 2.日当たり良好、 3.上下水道完備、 4.都市ガス配管地域、 5.学校・スーパー・病院の近く、 6.敷地80坪以上、 7.眺望良好、 8.安価、 9.近隣住民が良好、等々。

 私は、「1なんて両立できっこないよなあ」と思いつつも「念ずれば通ず」の気持ちもあって、この希望はしっかり持ち続けました。すると、ある銀行から「担保物件でいいものが出ました」という電話が入り、見に行くと、それは太平洋と蔵王連峰が見える高台の団地内にあり、私の条件全てを満たす中古売家でした。即その銀行のローンで購入し、震災後に退職金で建て直しました。この件以来、私は「理想の実現には、できる限り具体的なイメージを描く事が有効だ」と感じています。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 最近の子どもの名前は、たいてい親の遊び心。  (アンテナ)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

750. 新たな独裁 [ニュースより]

OB-XT793_0609sn_G_20130609161206.jpg

               元CIA職員スノーデン氏

 3月5日、トランプ大統領がツイッターで立て続けに7回、何の根拠も示さずに「選挙期間中、オバマ前大統領が私の電話内容を盗聴した」と非難しました。オバマ氏の広報担当者は「前大統領が市民の監視を命じた事はない」と否定しています。

 このやりとりから、私は次のような状況を想像しました。トランプ氏が大統領になってホワイトハウスに入ってみたら、大統領には様々な個人情報を当事者に知られずに集められる秘密の特権がある事が分かりました。政敵オバマ氏にも自分の個人情報をつかまれていた悔しさに、思わずツイッターを発信してしまったのです。しかし、そんな「便利な道具」の存在を明かす事も手放す事もできず、彼は自説の根拠を説明できずにいます。 …これが杞憂であることを願います。

 米国CIA職員スノーデン氏の告発で、かつてCIAがメルケル独首相はじめ各国要人の電話を盗聴していた事が発覚し、オバマ大統領が謝罪した事がありました。通話履歴から位置情報まであらゆる情報を集約管理できる情報化社会は、新たな「情報の独裁政治」を生み出しそうで大変不安です。

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 毎日の テレビのニュース やな事件 すごく心配 未来の世界 (Y.S.)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

749. 森友学園 [ニュースより]

C5oNZBlWMAAlOAo.jpg

               瑞穂の国記念小学院の入学案内ポスター
 森友学園事件は、話がどんどん複雑になってきています。安倍総理が早めの幕引きを図っているのに対して、野党は徹底した真相究明を求めています。

 昨日の朝の「麻生太郎財務相が口利きをしたようだ」というニュースが、夕方には「安倍総理が百万円を森友学園に寄付した」へと変わっていました。もちろん麻生・安倍総理側は真っ向否定です。そして、これまで与党側が拒んできた籠池氏の「参考人招致」を、衆参両院の「証人喚問」に格上げして23日に実施する事になりました。こちらは、偽証したら「三月以上十年以下の懲役」の厳しい尋問です。

 今、稲田防衛大臣はどんな気持ちでこの推移を見ているのでしょうか。彼女は「籠池氏とこの十年間会っていない」と言っていますが、籠池氏側は「二年前に会った」と反論しています。どちらが真実を語っているのか、この機会に是非明らかにしてもらいたいものです。

 世間には色々な人間がいるので、籠池理事長が日本版金正男にならない事を祈ります。

〇安倍総理の名前が出てきたニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000104-jij-pol

〇麻生財務大臣の名前が出てきたニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00518791-shincho-pol

** 高校生のコトバ *************************

狂歌 : 生きていて 良かった今日は 焼き肉に お寿司とケーキ 食べた事かな   (イナリワン)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

748. 帰還困難区域 [ニュースより]

img_0.jpg

                  当時、日本中が震え上がった原発爆発の時の映像

 今日は反論覚悟で意見を述べます。4月から福島県の居住制限区域と避難指示解除準備区域への居住制限が解除され、同時に現在避難指示区域外から自主避難している人々への国庫補助金も打ち切られます。

 アンケートによると、富岡町と浪江町には58%と53%の住民が「戻らない」と答えています。一方今村復興大臣や内堀福島県知事は、「故郷を捨てるのは簡単ですが、今はがんばって故郷を再生させる事が大事です。」「できるだけ早く、多くの人が帰還したいと思える地域づくりをしたい。」と述べています。

 避難して6年も経てば、子供達は新しい地域に溶け込み、保護者の仕事も安定してきています。帰還の可否判断の基準は未来を担う子供達の健康ではないでしょうか。制御不能な福島第一原発のある福島県の海岸部は、今度何か起きたら終わりですから絶対に不適格です。私は、あの帰還困難区域一帯は国の補償の下で居住禁止区域にし、ソーラーパネルを敷き詰めた一大太陽光発電地域にすればいいと思っているのですが、どうでしょう。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : エコします 標語作って もう終わり  (R)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

747. 政治システム [ニュースより]

AS20161104004584_comm.jpg

                朴槿恵元韓国大統領

 朴元大統領が大統領府を出て自宅に戻ったとのニュースが、つい先程流れました。父と母を殺され、自分は初の罷免された大統領となって両親の眠る国立墓地にも入れない人生は、何ともお気の毒です。

 人間は、制度的な縛りが無くても清廉潔白に生きられる程強くはありません。(No.608) その意味で、韓国の大統領制は、あまりにも権限が一人に集中し過ぎてきました。そのせいで、歴代大統領やその周辺は、誰もが不幸になってきました。初代李承晩は国外亡命、以下尹潽善はクーデターで辞任、朴正煕は暗殺、崔圭夏もクーデターで辞任、全斗煥と盧泰愚は逮捕・投獄、金泳三は次男が逮捕、金大中は三人の息子が逮捕・投獄、盧武鉉は投身自殺、李明博は兄が逮捕、朴槿恵は罷免です。

 朴槿恵、ドゥテルテ、トランプ、金正恩、ネタニヤフと、最近程一国のトップが俗っぽく見える時代は、私の人生ではありませんでした。民主主義の政治システムが制度疲労しているように見えます。今私達には、しっかりした政治的教養に基づく具体的な行動が求められています。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 選挙権 早く欲しいな 17歳   (m)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

746. あの世 [思い出話]

img_0.jpg

                  恐山

 座禅会で霊感が話題になりました。仲間の一人が私に、「仏壇でカメラのシャッターが切れなくなったという事は、霊感が強いからじゃないですか。」と、おっしゃいました。(No.377) いえいえ、私に霊感は全くありません。あれは、「私のカメラに起きた不思議な現象」を通して、私がご先祖様の「仏壇で遊んじゃいけないよ」という気持ちを勝手に想像しただけです。

 10年前、三年生の生徒達と「あの世はあるか」の話になりました。私は、「あるとは思うけど…」程度の意見しか言えませんでしたが、つい勢いで約束してしまいました。「もし私が死んだ後、この授業を覚えていたら、青森の恐山のイタコに私の霊を呼び出してもらい、『キーワードは?』と尋ねてほしい。彼女が『平成19年6月19日』と今日の日付を語ったら、それは私の霊がいる証拠だ。」と。

 しかし今、私はあの世がたとえ存在したとしても、そこはそんな「この世の思考回路」の枠内に収まるような単純なものではないだろうと感じています。

 ※イタコ : 死者の言葉を伝えると言われる盲目の女性。青森県恐山のイタコが有名。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 実際に成し遂げた小さな事は、思い描いただけの偉大な計画よりも素晴らしい。  (C)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

745. マイバッグ [雑感・気づき]

萩の月.jpg

              菓匠三全の「萩の月」

 皆さんは、三全の「萩の月」に何か問題点を感じますか?

 先日1994年の読売新聞に、ニュージーランドのニコル・ルイスさんという女性がコンビニでびっくりしたという記事を見つけ、ドキッとしました。彼女は、コンビニでお弁当と飴を買った時に、店員がそれぞれを別のビニール袋に入れてくれた事がショックだったそうです。「きちんと包装されているのにまた袋を使うなんて、なんてもったい」と言っています。「温かいお弁当は別の袋に」という店員の配慮は、残念ながら彼女には通じませんでした。

 しかし今は彼女の方が正論になってきています。彼女は、環境問題の解決には日常生活の中で取り組めるものから始めるべきと結んでいました。22年経ちましたが、彼女の呼びかけはまだ実を結んでいません。さあ、私達もショッピングにはマイバッグを持って出かけましょう。

 三全さんには申し訳ないのですが、昔ALTの先生が、「萩の月」がビニール、小箱、大箱、包装紙、紙袋とあまりにも多くのものに包まれているのを見てあきれていたのを思い出しました。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 「学校きら~い」と言っていられる幸せ。  (もぬさん)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

744. 動機か結果か? [地歴公民科]

kant-habit.jpg

                                               イマニュエル=カント

クイズです。

 市長選に出馬意欲満々のA氏は、自分の名前を多くの人々に売り込もうと、全財産を売り払って、市内の小中学校に図書費では買えない高価な動植物図鑑を寄贈した。ただし、どの本の背表紙にも「寄贈 A氏」と金文字で印字して。はたしてこのような売名目的の寄贈は、「良い行為」と言えるだろうか。

 今一年生の倫理の授業で、最大の難所カントをやっています。この問いは、カントの「動機説」の導入に使っているものです。英米流の「結果説」では、「動機はともかく、結果として多くの児童・生徒達に得難い恩恵を与えたのだから良い。」となるのですが、カントは逆です。「動機が不純な行為は、たとえ結果が大きな利益を生み出しても良くない。」と言います。ではどんな動機なら純粋なのでしょうか。それは、「もし当選したいなら」といった前提抜きの動機です。「ウソをついてはいけないからつかない」といったものです。

 頭が痛くなってきましたか。カントの厳格な生き方は立派ですが、正直言って今の私にはまだまだ真似はできません。

** 高校生のコトバ **************************

どどいつ : わけも分からず 相づち打つが 友は私の 答え待つ  (南鳥)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

743. 愛の条件 [宗教的感覚]

img_0.jpg

             「夕べの祈り」 (ミレー)

 七夕祭りなどで、時々スピーカを高く掲げ独特の抑揚で「神ヲ、愛シナサイ。」と布教している宣教師を見かけます。熱心な姿は尊いと思いますが、私はあの言葉を聞くといつも「変だなあ」と感じています。

 人に向かって「まずは愛せ」という命令が無理だと思うのです。順番が逆です。愛さずにいられない存在だから人は愛するのです。「愛さねばならない」と判断して愛するような「愛」は打算の産物で、偽物です。

 私には、大船渡教会の山浦先生の「愛とは大切にするという事」という言葉がピッタリきます。(No.697) 自分がこの人から大切に思われていると感じた時、相手への敬意が生まれます。同様に、私は自分の身体、知能、出会いなど、神様から本当に「大切にされてきたなあ」と思えるので、神様を大切に考えています。先の宣教師の方も、まずは人々に神への感謝の念を持たせる事から始めるとよいと思うのですが。

お詫びとお願い
 最近、私のメールアドレス「
zissen@live.jp」が送受信できなくなっている事が判りました。もしこのアドレスで私宛に投稿、ご意見、メールを送られて、私からの反応がない方がいらしたらお詫びします。今後、私宛のメールは「sankenbunritsu@gmail.com」のアドレスでお願いいたします。

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 水不足 テレビ見ながら 思うこと 日本の楽園 宮城県かな   (T.T.)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

742. カルチャー=ショック [思い出話]

d0117500_19141612.jpg

                                ありし日の根岸家 (ネットより)

 昔、一軒の大衆食堂でちょっとしたカルチャー=ショックを受けました。

 大学生の私が友人に連れられて入ったのは、横浜市伊勢佐木町にあった「根岸家」。港湾労働者でも飲み食いできる安い店でしたが、ステーキからラーメン、ビールまで全てありました。壁際には寿司のカウンターもあり、向こうのコーナーではジャズバンドが生演奏をしています。別の一角はバーになっていて、バーテンがシェーカーを振っています。ミラーボールの回る天井には多数の万国旗がはためき、カクテルライトで赤や緑に染まったタバコの煙の中で米兵や労働者、学生などが飲んだり食べたり、騒いだりしていました。白いかっぽう着の50歳台のウェイトレス達はかいがいしくお運びをしていましたが、指名をすると隣に座って話を聞いてくれるそうで、年寄りの労働者の横でしんみり話を聞いている姿も何人か見ました。

 あの雰囲気は、何とも形容できません。大正時代のカフェってこんな感じだったのかなとも感じましたが、しばらく頭の中で整理がつきませんでした。残念ながら、火事で焼失しました。

** 高校生のコトバ *************************

名言 : 修学旅行で楽しいのは、ディズニーランドより行き帰りの新幹線。  (ぷい)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

741. 卒業式 [学校生活から]

P1290211.jpg

              生徒会長の送辞。涙、涙の卒業式でした。

 今日は卒業式でした。私たち教員にとっては毎年の恒例行事ですが、卒業していく三年生にとっては、何もかもが初めての「高校の卒業式」です。

 私の中学校の入学式当日、私は自分の周りの新入生の顔がみんな同じように見えて困った事を思い出します。緊張のせいか興奮のためか、判断力が完全ににぶっていました。こんな時にこそ、周りの温かい言葉が身にしみます。

 考えてみれば、仙台駅の駅員さんも銀行の行員さんも毎日同じ仕事の繰り返しですが、お客さんの方は初めての土地や銀行かもしれません。その場合、その一回の印象が、お客さんには仙台市やその銀行の評価として一生残ることになります。こう考えると、何回目であろうが一回一回をおろそかにはできないと感じます。人間同士も同じです。今の私の与える印象は、私が今晩あの世に行けば、私の永遠のイメージになるのですから。これが「一期一会」の心構えというものなのでしょう。

 終了後、職員室で何人かの卒業生が、「一言お願いします」とアルバムを持ってきました。少々緊張しながら小さめの字で「夢は大きく!」と書きました。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 夏休み 後半になると 加速する   (M.K.)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

740. 仙台市消防局定期演奏会

DczBDcIwDAXQjfJtKi4cOXSNyIQoMS1JVTuK2J6_AV51Px7AnDMk9V_w3N6i4XNgG6dYVVjtr47eimzDRRGjJlt1zwY5Xb9SMm7Ed9ACZqRIfIlMxMjN_qDleX3lDw--.jpg

                      仙台市消防局定期演奏会のフィナーレ

 仙台市消防音楽隊の定期演奏会に行ってきました。隊員達は勤務時間外の練習を繰り返し、2時間の演奏会を成功させました。それぞれのご家族の温かい支援を感じます。

 二部構成で、第二部では少ないメンバーを助けようと、石巻市消防音楽隊や東北学院大学吹奏楽部、カラーガーズの女性の方々も参加し、大オーケストラになってヒットメドレーを披露しました。一人一人が自分の楽器で責任を果たし、互いに助け合って一つの作品を作り上げる姿は、世の中のあらゆるものに当てはまると感じました。

 さらに客席は私ぐらいの高齢者が大半を占め、熱い拍手を送っていました。アンコール曲も終わり緞帳が下りようという時、客席中央から「アンコール!」と大きなかけ声がかかり、拍手が再び大きくなりました。隊員達もそれに応えておまけの一曲「世界に一つだけの花」を演奏しましたが、客席もまた作品作りに大きな役割を果たしている事を感じました。

定期演奏会のようす(昨年版)
https://www.youtube.com/watch?v=-8h-bkbPtTA

** 高校生のコトバ **************************

名言 : たまに先生をお母さんと呼んでしまう。   (I.Y.)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

739. 自由意思 [宗教的感覚]

s37_06.jpg

            イエスとユダ (ジョット作『キリストの捕縛』)

 「神の前で、人間には自由意思が存在するか?」という難問があります。

 昔の私は、全てお見通しの神の前では「無い」と思っていました。しかし最近は「有る」と感じています。なぜなら、(大変傲慢に聞こえると思いますが)私自身が神の一部ではないかと感じるからです。ただし私の言う神とは、調和をめざして万物に働きかけている「法則」です。

 善悪どちらを選んでも、私はその「法則」を具現化する事になります。善い事をすれば、それが原因となって喜ばしい状況が現れ、悪い事をすればそれが原因となって困った状況が現れます。そしてそれは、そのまま多くの人々への生き方のモデルになります。イエスとユダが同時に存在したように、世の中には良いモデルも悪いモデルも両方存在し、私はどちらの人生も自由に選べます。

 今の私にとっての大きな悪は「原子力発電」とそれに依存し切っている私自身の「快楽志向」です。この二大悪とどう戦うか、残された時間はあまり多くありませんが、良心の声に従って善の道を進んでいきます。私の理想の生き方は、マザーテレサのような清貧の生活です。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 死ぬ事以外かすり傷。      (HOORIN)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

738. 新庄剛志氏とA氏 [雑感・気づき]

o0474032312810045554.jpg

           絶頂期の頃の新庄剛志氏

 「しくじり先生」で元プロ野球選手の新庄剛志氏の人生を見ました。彼は幼い頃から運動神経抜群で、阪神時代はスラリとしたルックスと派手な演出で大スターになりました。彼が試合に出る日の甲子園の売り上げは1億円以上になり、各球団は億単位の契約金を示してきました。当時買った高級車は18台、給料は信頼するA氏に預けて使い放題。その後ニューヨークメッツに移籍し、2006年にユニフォームを脱ぎました。

 ところがA氏の事業が失敗し、そこに流用されていた新庄氏の44億円も消え、A氏は自己破産しました。新庄氏は離婚。お気の毒ですが、見ていて、誰でも彼のような能力とルックスに生まれたら「そうなるよな~」と感じました。有頂天になった彼は、スキだらけでしたから。

 一方のとんでもないA氏ですが、もし皆さんがA氏のような「ラッキー」な境遇になったら、悪事に走らないと言い切れますか?人の心は弱いものです。人に悪気を起こさせないためにも厳しいチェック体制が必要だと感じました。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : SNS 悪者だらけ SOS    (おにわん)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

737. 卒業生へ [学校生活から]

album_sample3.jpg

            卒業アルバムは一生もの (ネットより)

 今回は三年生向けに「大人の話」をさせてもらいます。

 間もなく卒業式がやって来ます。学級担任はこの日を目標にがんばっているのですが、同時に多くの担任は仙台弁で言う「いだますいなゃー(=もったいないなあ)」との寂しさを抱えています。良いクラスであれば生徒も保護者も同じです。そんな名残を惜しむ卒業式ですが、終われば翌日からは入学式の準備が始まります。この動きの中で教員の意識は切り替わります。そして一年位経った頃、卒業生が近況報告にやって来てくれると、嬉しさはひとしおです。

 さて「大人の話」はここからなのですが、その時は是非「大人の会話」をお願いします。「大声」「タメ口」「甘え」は禁物です。これらの指導は、担任のアフターサービスの範囲外です。金髪、ピアス類は社会人なので構いません。子連れも大歓迎です。でも教員も忙しい時があるので、TPOを推し量る気配りの方も忘れないで下さい。そんな姿を後輩達は見ています。同窓生になっても、共に母校の良い伝統を作っていきましょう。                             

P.S. タイトルを直しているのですが、なかなかしっくり来るものが見つかりません。とりあえず、「高校生のコトバ・サボテンのつぶやき」とさせてもらいました。よろしくお願いします。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : TVゲーム、負けると思ったらすぐ電源オフ。   (どどいつ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

736. 異文化交流 [地歴公民科]

9e2d2c2bf26da0b6b65b62a0afec389c0ffa28d8_l.jpg

                本多勝一氏の著書「極限の民族」

 もし新鮮なマグロの刺身がショートケーキの苺の横に載っていたら、食欲は湧きますか? 私は減退します。基本的欲求である食欲も、生育地域の文化に大きく影響を受けています。私達は、気軽に「普通は…こうだ。」と言いますが、その判断は結構危ういものです。(No.125) (No.284)

 昔読んだ本多勝一氏の「極限の民族」の中に、エスキモー社会での歓迎の食事の話がありました。彼らは本多氏の前にトナカイの一種カリブーを連れてきて背中をまさぐり、そこから何匹かの寄生虫を抜き出しました。そして「温かい内に食べて下さい」と持ってきたのです。良質なタンパク源だそうです。もちろん彼は我慢して食べたのですが、私はここに異文化交流の大変さを感じました。

 この話を授業でしたら、スリランカ出身の女生徒が、「私、イクラがどうしても食べられないんです」と言ってきました。私はその時、米国人は生卵を食べられないという話を思い出しました。火を通さない卵でも平気で食べられる私達、きっと彼女達からはこの「極限の民族」のように見られているんでしょうね。

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 起きなさい 毎日聞くと 子守歌     (ランチパック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

735. ギンギラギンに♪ [雑感・気づき]

fn_jaf_kob_0505B15D.jpg

            レーサーとしても活躍する近藤真彦氏 (ネットより)

 近藤真彦52歳、職員室で言えば、教務主任か教頭先生といった年齢です。先日久しぶりに彼の歌う姿をテレビで見ました。今でもツッパって生きているのに、それがイヤミに感じません。文字通り「ギンギラギンにさりげなく」生きています。なぜ、そんなに魅力的なのか考えてみました。

 人それぞれに時期は違っても、人生で一度は「うぬぼれる」時期があるように感じます。私もそうでしたし、もしかしたら今でもそうかもしれません。中にはうぬぼれが命取りになる人もいます。うぬぼれてつぶれていく人は、勘違いをして他人を下に見る人です。スポーツ界や教育界によくいるタイプですが、一分野で勝っているだけなのに他人や生徒に対して全人格を否定するような言動をとる人です。

 一方自分の分限をわきまえ、他人を尊敬する姿勢を忘れない人は、どんなにうぬぼれていても可愛いがられます。幼児が「オレってすごいっショ」と自慢してきた時、心ある大人なら「ホントだねー」と目を細めるはずです。近藤真彦氏には、どこかその子に通じるものを感じます。

最近の近藤真彦の映像
https://www.youtube.com/watch?v=zpEdRgv8Mhw

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 夏休み 知らないうちに 終わってた     (通行人A)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

734. トランプ流 [ニュースより]

img_3d4aaff6f54c0482f952a8bef116c834125041.jpg

                ますます元気なトランプ大統領

 日米トップ会談後、安倍総理の好感度が上がっています。ところで、今回彼が日本に持ち帰った手土産は何だったのでしょうか。考えてみると、オバマ大統領時代以上のものは何も見あたらず、せいぜい「案じていた程トランプ大統領は日本嫌いじゃなかった」との印象程度です。

 トランプ大統領は、事前に在日米軍経費の日本側負担や日本車の輸入規制などさんざん脅かしておいて、当日はそれらに何も触れませんでした。それだけで日本人から感謝されたのですから、この会談は大統領側の「圧勝」です。

 対中国路線でも、彼はこれまで中国が嫌がる「二つの中国」論 (中国と台湾の両方を国家と認める考え方) をちらつかせておきながら、安倍総理との会談直前に習近平氏と電話会談を行い、「一つの中国を尊重する」と明言しました。これで中国も一安心です。

 「ハードルを高く設定しておいて土壇場で下げる」こんなアクロバット飛行のような手法が、彼のやり方なのですね。彼の言葉をうのみにはできません。という事は、「ニコニコしながら最後に牙を向く」事態も十分ありえます。今後も気は抜けません。

「中国との直接対話」のニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000040-mai-int

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 止まらない食欲、動かない体。     (うんぱるんぱ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

733. ポンパドゥール夫人 [地歴公民科]

Boucher_Marquise_de_Pompadour_1756-2.jpg

                  ポンパドゥール夫人の肖像画

 ルイ15世の愛人ポンパドゥール夫人は、「我が亡き後に洪水よ来たれ」という言葉を残しています。この意味、解りますか?

 西洋人が洪水と言えば、あのノアの方舟(No.727)の洪水の事です。それは天罰を意味します。ポンパドゥール夫人は、自分達貴族にはやがて天罰が下るだろうと自覚していたのです。多くの平民達の犠牲の上に贅沢な生活を送っていたからです。ただ、「天罰は私が死んでからにしてね」という気持ちで、「我が亡き後に」という言葉を付け加えています。

 「堕落した生活だと分かっている。しかし楽しいからやめられない。」というこの気持ち、犠牲を被っている「平民達」を「未来の人々」に置き換えると、今の私達の気持ちと重なりませんか。増え続ける処理不可能な核廃棄物と国債の残高、日々進む自然の乱開発と軍事技術の高度化、このままでは絶対に天罰が下ると思いつつも、そのままにしています。これらを止めるのは私達しかいません。署名一つでも、どんなに小さくても、まずは一歩を踏み出しましょう。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : ずっと欲しかったものこそ、もったいなくて使えない。  (ハレのち)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

732. 文章作り [学校生活から]

eba97c83.jpg

              志賀直哉は、「小説の神様」と呼ばれたという。

 生徒達に人気絶大な生物の先生が、俳句を毎日三句ずつ作られています。先日作品を鑑賞させて頂いたところ、助詞や名詞の使い方があまりにも専門的なのに驚かされました。先生は、作品を一晩寝かせると直す箇所が見えてくるとおっしゃいます。確かに恥ずかしながら、私のブログも翌朝手直しする事が多々あります。

 なす漬け、イカの塩辛、おでん…、世の中には一晩置くとグッと良くなるものがたくさんあります。夫婦げんかでさえ、翌朝になると少し怒りがやわらいでいます。「それなら、ブログも一晩前に仕上げておけばいいじゃないか」と、言われそうですが、それがそううまくはいかないのです。トイレと同じで、いくら考えていても「その時」が来ないとひらめかないのです。

 ここから私がつかんだ結論は、「文章は、書こうとしてすぐに書けるものではないが、書こうとしなければいつまでたっても書けない。」という単純な事実です。これって、恋をはじめ多くのものに当てはまると思いませんか?

** 高校生のコトバ **************************

どどいつ : 高校野球を 欠かさず見ては 全ての試合 泣きじゃくる  (もいら)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

731.接待ゴルフ [ニュースより]

17usa01.jpg

                          ラブラブ?

 いよいよ10日から安倍総理がトランプ大統領と会談し、一緒に食事やゴルフを楽しみます。もしゴルフで、総理がトランプ氏に勝ってしまったらどうなるのでしょうか。まあそこはそつない彼の事、「お見事!」とかヨイショしながら「接待ゴルフ」に徹する事でしょう。ここは、「和」を大切にしつつも筋を通す日本人ならではの外交を、ぜひ世界の指導者に示してほしいところです。

 入社試験で「接待麻雀」ならぬ「面接麻雀」が出始めたそうです。応募者は、面接官に勝っても負けても不安でしょうね。昔、私もある会社の面接で「麻雀しますか?」と聞かれ、つい「はい、やります。」と答えてしまい、内心シマッタと思いました。すると「そういう方を求めているんです。」と言われてホッとしたのですが、落ちました。後からよくよく調べてみたらそこは先物取引の危ない会社で、程なく倒産していました。失礼ですが、麻雀で採用を決めるような会社は、その程度の会社です。麻雀の腕を磨くより自分の長所を大いに伸ばしていきましょう。

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 人のもの 持っていないと 欲しくなり 持っていたなら ムッとする (E.K.)

「マージャンで面接」のニュース
http://mainichi.jp/articles/20160823/k00/00e/040/142000c


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

730. 政治と力 [地歴公民科]

e945dcc1c9b642d66bccfbfb7dae1b2d-640x444.jpg

                  独裁者アドルフ・ヒトラー総統

「全ての国家や国王は暴力によって成立した」という話を聞いた事があります。あの穏やかな天皇陛下のご先祖も、さかのぼれば軍事クーデターで蘇我入鹿を殺した天智天皇です。今回は「力」を用いない政治ができないかを、考えてみます。

 まず私は、自分が暴力の一切ない天国のような社会で生きる場合を想定してみました。たとえそんな世界があったとしても、人間には過失や誤解がつきものです。だから裁判所は必要です。さらに裁判で負けても判決に納得しない人がごねたら、警察が必要になります。こう考えていくと、警察・軍隊・刑務所といった強力な「強制力」は、私が安心して生活するために必要な国家の装置だと気づきました。私達国民の課題は、どうやってその装置を独裁者に占有させないか、にあります。

 またこの「強制力」は、国民に悪い心を起こさせない抑止力にもなっています。子供のしつけも、たたくより「父さんが怒ったら大変な目に遭うゾ」と感じ取らせる事が大事です。

** 高校生のコトバ **************************

狂歌 : 大会で 隣にいる人 強そうで 妙に強がる 弱気な自分  (カズ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

729. 人生観 [学校生活から]

img_47_756.jpg

            攻守に素晴らしい動きを見せてくれた王選手

 「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。」先日の朝礼講話で、若いバレー部の顧問の先生が紹介してくれた、王貞治氏の言葉です。聞いていて、新鮮な感動がありました。とことん限界までやり抜いた王選手だからこそ掴めた真理を感じます。ここに目を止めた先生も、きちんとやり抜くことをモットーとして生きていらしたのでしょう。頭が下がります。

 と言いつつ何ですが、もしも皆さんの旦那さん(あるいは奥さん)が、王選手のようなストイックな考え方の持ち方だとしたらどうですか? 「結果を出せない内はまだ努力が足りない」と言われ続ける生活は、正直言って、私は息が詰まりそうで辛いです。「だからこの程度なのだ」と叱られそうですが、それで十分満足しています。百人百様の人生観があっていいのであって、私にはひろさちや氏の「神げた主義」(No.563)が一番合っている気がします。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 授業中は眠いのに、夜いざ寝ようとすると寝付けない。  (ハッチ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

728. 欲望 [ニュースより]

intro02.jpg

               「ふるさと納税」のの説明図

 教室で、弁当を忘れた友人に自分の弁当の半分を提供している姿は、見ていてとてもほほえましいものです。世の中に「善い行為」は色々ありますが、中でも見返りを求めない自己犠牲的なものは特に「美しい行為」と呼ばれます。

 自分を育ててくれたふるさとの地方自治体に、遠い都会から感謝の寄付金を送る。そんな寄付金ならと、政府も当人が納めた税金の中から2000円だけを受け取って、残りの寄付金相当額を本人に還付する。地方自治体の方は、感謝の気持ちで返礼品(お礼)を当人に送る。これが「ふるさと納税」の仕組みです。

 と、ここで終わると「深イイ話」ですが、今ここに問題が起きています。地方自治体同士が寄付金の獲得競争に走るあまり、返礼品が高額になってきているのです。寄付金の8割相当の特産品や金券もあり、国民の側ではそれが新たな「節税」になると評判なのです。その結果、本来国や地方自治体に入るべき税金が減っています。地方自治体の欲が人々の欲をかき立てているのです。米国も日本も政治家がどんどん国民の欲望を刺激して、要らぬトラブルの種をまいているようで心配です。

「ふるさと納税」の仕組みと問題点 (NHK)
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/247076.html

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : 起きなさい 毎日聞くと 子守歌     (ランチパック)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

727. ノアの方舟(はこぶね) [宗教的感覚]

1088ff1c1b3acce4e8ce5dc922c1d51d.jpg

             ノアの方舟 (ネットより)

 ノアの方舟の話です。

 人々の間に悪がはびこったので、神は人を作った事を後悔し、洪水で人類を滅ぼそうと考えた。しかし無垢の人ノアとその家族だけは助けたいと思い、彼らに方舟を作って動物や鳥をそこに入れるよう命じた。言われた通りに行動したノア一家と船内の動物達は難を免れたが、その他の全ての命あるものは溺れ死んだ。その後神は、「もう二度と洪水で人類全体を滅ぼす事はすまい。殺人者には個別に罰を与える。」と彼らに約束した。

 これについて、神も後悔したり反省したりする点で人間的だという意見があります。しかし私は、神が後悔や反省をするはずがないと思っています。全知全能の神であれば全てお見通しのはずであり、そこにこんな人間的な解釈の入り込む余地は無いと思うからです。私達の人生は、因果応報の原則に従って 「なるべくしてなっている」 だけなのですが、こんな当たり前の事でもこれを理解するのは大変困難なので、人間に合わせてこの真理をおとぎ話の形で説いたのが聖書だと思っています。ご意見があれば、ぜひお寄せください。

ノアの洪水物語(創世記6章~創世記9章17節)
https://missclarapress.com/2014/06/15/bible-noah/

** 高校生のコトバ **************************

川柳 : なぜだろう 家にいるのに 帰りたい  (ぎょうざ)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

726. 栄養ドリンク [雑感・気づき]

Heath_drinks_in_Japan_2006.jpg

                    コンビニに並ぶ栄養ドリンクの数々

 リポビタンDなどの栄養ドリンクの宣伝を見ると、思い出します。学生時代、タバコの煙の充満する部屋でインスタントラーメンをすすりながら、よく徹夜マージャンをやりました。仲間の一人にリポビタンDの好きな男がいて、一晩に何本も飲み干します。私はあまり効くとも思えず、後からオシッコが黄色くなるのも不気味で、ほとんど飲みませんでした。彼はリポビタンDを飲んでる時は強気で攻めるのですが、無いと分かったとたんに元気がなくなり負けていきました。まるで催眠術にかかっているようでした。

 もしかすると一部の現代人も、栄養ドリンクを飲まないと不調を感じるよう製薬会社に洗脳されているのかもしれません。飲んで無茶すれば、やがて今度は病院薬の方でもお世話にもなりますし…。 経験的に言えば、きれいな空気を吸って野菜、肉、魚を万遍なく食べていれば栄養剤は要りません。酒とタバコとギャンブルをやめた私は、66歳ですがありがたい事にまだ大病にかかっていません。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 参考書、教科書だけの「読書の秋」  (つぶあん)


725. 塩竈散歩 [雑感・気づき]

o0800060013592598829_0000.jpg

            塩竈市の代表的造り酒屋「浦霞」の本店の建物。

 小学生の頃、私は近視の治療のために、二か月に一回塩竃市内の眼科医院に通っていました。瞳を大きくする目薬を使うため、帰りはサングラス姿てした。時々視覚障害児と間違えられ、電車で座席を譲られたりしたものです。

 昨日、その塩竃市を55年ぶりに散歩しました。驚いた事が二つありました。一つ目は本塩釜駅周辺からドブ臭さが消えていた事です。昔は隣の下馬駅から臭っていました。二つ目は駅周辺がすっかり新しくなっていた事です。こちらは津波のせいでした。

 「すっかり変わったなあ」と感慨深く歩いていたら、道路脇に防空壕が三つ見え、その隣に古物商があり、足元の排水溝にはたくさんのタバコの吸い殻が落ちていました。道を尋ねると皆さん外に出て来て親切に教えてくれます。55年前に戻ったような気がしました。極めつけが寿司屋のトイレ。二段になった床の上段に和式のトイレが置かれ、その上に洋式の便座が据え付けられていました。そのレトロ感には、ただただ感激でした。ドブ臭さは消えても、塩竈にはまだ昭和の香りが残っていました。

** 高校生のコトバ **************************

名言 : 親のけんかは、私を成長させ大人にさせる。   (ふんわりぽん)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

724. 仏性 [宗教的感覚]

hqdefault.jpg

             NHKでも取り上げられた道元禅師の仏性

 奈良・平安時代の仏教は、「全ての生き物には、仏性が宿る」と説いていました。これを「一切衆生悉有仏性」と言います。ところがこの漢文を、道元禅師は「全ての存在がそのまま仏であり、その中で私達は生きている。」と説きました。仏性をとてつもなく大きなものと捉えたのです。

 66歳になって、私も何となくそれが分かるような気がしてきました。(修行もせずに図々しくて、本当に恥ずかしい限りです。) というのも、このブログ、いつネタ切れになるのかハラハラなのですが、かれこれ4年近くも続いています。自分でもびっくりしており、正直なところ本当に「助けられている」感じがしてなりません。ありがたい事です。いつまでこのご加護が続くか分かりませんが、もう少し頑張らせてもらいたいと思っています。

 「峰の色 渓のひびきも 皆ながら
    我が釈迦牟尼の 声とすがたと」 (道元禅師)
 (山の緑も谷のせせらぎも、みんな仏様のお姿なんだなあ)

** 高校生のコトバ **************************

どどいつ : やれば必ず ケガする事に なるであろうね ポケモンGO (ふんわりぽん)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校
前の30件 | -

募集要項

 (1)応募資格:作品の提出は高校生のみ。

 (2)応募先 :sankenbunritsu@gmail.com サボテン宛て

 (3)投稿内容:○学校や家庭に見られる「真実」を掘り起こしたもの。
       ○未発表のオリジナル作品に限ります。

 (4)投稿形式: ①川柳   (基本文字数が「5・7・5」 )
        ②狂歌   ( 同 「5・7・5・7・7」 )
        ③どどいつ ( 同 「7・7・7・5」  )
        ④名言   ( 形式なし ) 

 (5)記入事項: ①作品(複数可) 
         ②ペンネーム

 (6)その他  :一般の皆様からのご批判、ご意見等を
          お聞かせ下さい。
          送信先 sankenbunritsu@gmail.com サボテン